NEW RICE-STYLE BAKERY

毎日の食卓に、新しいお米の楽しみ方を。

毎日の食卓に
新しいお米の楽しみ方を。

「みんなが食べられる」をあたりまえに

アレルギーがあってもなくても、小さな子どもからお年寄りまで、みんなで同じパンを食べて「美味しいね」って言えること。

そんな当たり前のようでむずかしいことを叶えたくて、私たちは米粉パンをつくっています。

もっとお米を食べてほしい

深刻化する日本人のコメ離れ。お米を食べることは、日本の農を支え、水田を守ることにもつながります。だから私たちは、昔ながらのお米文化を、パンという新しいカタチで未来へつないでいくことにチャレンジしています。

原材料は「自分の子どもに食べさせたいか」を基準に厳選

どうして「コシヒカリ」なのか

製パン用に品種改良されたお米で作ったほうが簡単にできたのかもしれません。敢えてコシヒカリを選んだのは、日本人が慣れ親しんだお米の甘味やうま味も大切に守っていきたいからです。

100%自然の力で生まれる塩

日本の塩は海水を煮詰めてつくるものがほとんどですが、フランスのゲランド塩は、海水を天日と風で自然乾燥させた昔ながらの天日塩です。ミネラルが多く、少量で素材のうま味を引き出す力があります。

茶色い素のまんまのお砂糖

サトウキビを精製せず素のままじっくり炊き上げた奄美大島産の素焚糖。風味も豊かで、ミネラルも豊富。「カラダにやさしいものを」と選んで辿り着いたお砂糖です。

米を余すところなく有効活用した米油

お米を大切にしたいという想いから、油脂は玄米を精米した時に出る糠から作られる米油を選びました。遺伝子組み換えの心配もなく、ビタミンEや酸化に強い成分が多く含まれる安心・安全な素材です。

アレルギー特定原材料27品目不使用

アレルギー特定原材料7品目

アレルギー特定原材料に準ずるもの20品目

おいしい召し上がり方

食べやすいサイズに切りわけて温めてお召し上がりください。

パンの真ん中を軽く指で触って、フワッと弾力を感じたら美味しいサインです。

オーブントースター(700W)の場合

切り分けたパンを3~4分程、表面がほんのり色づくまで焼いてください。

電子レンジ(600W)の場合

耐熱皿に切り分けたパンをのせ、ラップをかけて温めます。

1切れなら20秒、2切れで30秒を目安にふんわりするまで温めてください。

レシピ

ocomejirusi × フレンチトースト

Coming soon..

ocomejirusi × サバサンド

Coming soon..

ocomejirusi × パンプティング

Coming soon..

Facebook

クラウドファンディング

現在、下記URLよりクラウドファンディングを募集しております。

クラウドファンディングサイト「Makuake」の下記URLより、詳細のご確認、ご支援をお願いいたします。

https://www.makuake.com/project/ocomejirusi/